コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オースフォーム ausforming

1件 の用語解説(オースフォームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オースフォーム【ausforming】

過冷却オーステナイト状態で塑性加工した後,焼入れ焼戻しを行うという,鋼の加工熱処理法の一つ。これによって得られる,強度が高く靱性(じんせい)のよい鋼は,自動車のばね,ロケットエンジンのケース等に使用される。過冷却オーステナイト状態とは,鉄に炭素,ケイ素ニッケルモリブデン等を添加した合金鋼を850~900℃に加熱してオーステナイト化した後,450~600℃の間に急冷したときの状態をいい,この場合には数十分以上にわたって準安定状態のオーステナイトの組織が存続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オースフォームの関連キーワードオーステナイト過冷却セメンタイト塑性加工熱間加工防水加工過冷パワーオーバーステア組成的過冷却カルステナイト

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone