オースフォーム(英語表記)ausforming

世界大百科事典 第2版の解説

オースフォーム【ausforming】

過冷却オーステナイト状態で塑性加工した後,焼入れ‐焼戻しを行うという,鋼の加工熱処理法の一つ。これによって得られる,強度が高く靱性(じんせい)のよい鋼は,自動車のばね,ロケットエンジンのケース等に使用される。過冷却オーステナイト状態とは,鉄に炭素,ケイ素,ニッケルモリブデン等を添加した合金鋼を850~900℃に加熱してオーステナイト化した後,450~600℃の間に急冷したときの状態をいい,この場合には数十分以上にわたって準安定状態のオーステナイトの組織が存続する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android