コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーツタイヤ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーツタイヤ

自動車タイヤメーカー。 1944年,大日本紡績 (現ユニチカ ) と内外護謨合資会社 (現内外ゴム) の出資により設立され,当初は航空機タイヤを生産していた。 62年に大津ゴム工業より現社名に改称。 81年に住友ゴム工業と全面提携,以降同社が経営を担当。 88年に非タイヤ商品を専門に開発する事業本部を設立し,多角化への指向を明確にした。 2000年 11月第三者割当増資を実施,これを住友ゴムがすべて引受けたことから,住友ゴムの子会社となった。売上構成比は,自動車関連 91%,NP事業 10%。年間売上高 1079億 4900万円 (連結。うち輸出 30%) ,資本金 55億 1800万円 (1998) ,従業員数 1875名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のオーツタイヤの言及

【タイヤ】より

…38年からは原料の生ゴムが統制物資となり,タイヤ業界も戦時統制の時代を迎えた。敗戦までに,43年には東洋紡績がタイヤ製造を目的として多くの企業を買収して設立した東洋ゴム化工(現,東洋ゴム工業)が自動車用タイヤの本格的製造を始め,44年には大日本航空機タイヤ(現,オーツタイヤ)が大日本紡績(現,ユニチカ)の子会社として設立されている。 第2次世界大戦後は輸入生ゴムの統制のため原料不足に悩まされたが,その後のモータリゼーションの発達とともにタイヤの生産量は急増した。…

※「オーツタイヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーツタイヤの関連キーワードファイヤーストーン・タイヤ・アンド・ラバー寺田 栄吉斎藤 晋一

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android