コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーディエンス・シェア audience share

DBM用語辞典の解説

オーディエンス・シェア【audience share】

広告メッセージを受け取ると予測される人たちのグループ割合。あるいは、広告主に興味を持ち、実際にメッセージを受け取る人たちのグループの割合。オーディエンス・シェアは、雑誌出版社などが一般的に実施しているような個人調査、テレホン調査、ダイレクトメール調査を経て、コンピュータ技術により算出することが可能。例えば、スキー雑誌の出版社は2,000人のスキーヤー標本抽出し、彼等に対し、どの雑誌を読み、頻度はどの程度か調査する。もし、1,000人がスキー関係の雑誌を購読すると回答し、その1,000人のうち500人が、ある特定の雑誌を常に購読すると回答した場合、その出版社のオーディエンス・シェアは、500/1,000(50%)または、500/2,000(25%)となる。分母の定義は、調査内容によって決定する。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android