コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標本抽出 ヒョウホンチュウシュツ

4件 の用語解説(標本抽出の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうほん‐ちゅうしゅつ〔ヘウホンチウシユツ〕【標本抽出】

標本調査を行う際、母集団の中から一部を標本として取り出すこと。サンプリング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

標本抽出

標本とは母集団の全部を測定することができない場合に,母集団から観測のために抽出された少数の固体の集まり.標本を用いて母集団の性質を推定しようとするためのものである.試料も同じ意味で扱う.偏りのない標本を抽出する方法には,系統的標本抽出(systematic sampling)と無作為標本抽出(random sampling)がある.野外における標本採集などではどの方法をとるかは重要である.系統的な方法では全標本から均等に採集するもので,空間を碁盤の目に区切った各格子の中から対象物を抽出する方法で,花崗岩で行われた例がある[鈴木 : 1952].一定間隔で標本を選ぶ方法もある.無作為の方法では標本を偏りがないように選ぶ方法である.しかし実際に無作為に標本を抽出するためには石切場のようにすべて露頭である場所か,大陸で非常に広く岩石が露出している場所でなければ難しい.日本のように風化し,樹木が多く,川の浸食の著しい地域では露頭が制約され,標本が採集できるのは川筋や山頂が多いが,これらの露頭は風化や浸食に抵抗して残ったものと考えられるので,露頭が必ずしもその地域の広い範囲を表しているとは限らない

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

標本抽出

 →サンプリング

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひょうほんちゅうしゅつ【標本抽出】

標本調査を行う場合の標本を、母集団から無作為に抜き出すこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標本抽出の関連キーワード標準偏差仮説検定推測統計学正規母集団母集団サーモエレメント推計学pHメーター呼吸試験ウィルコクソン二標本検定

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標本抽出の関連情報