コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートハープ autoharp

翻訳|autoharp

世界大百科事典 第2版の解説

オートハープ【autoharp】

アメリカ白人民謡で使われる撥弦楽器。チター属の一種。簡単に和音が演奏できる仕掛けをもつ。40本前後の弦と直角の方向に,演奏できる和音の種類の数の角棒が設けられていて,任意の角棒を押さえるとその裏側についているフェルトが弦に当たって音を消し,フェルトの切れめの個所の弦だけが鳴るようになっている。通常,楽器を抱くようにして左手で横棒を押さえ,右手で弦をかき鳴らす。1880年代にドイツの楽器製作者C.A.ギュターによって考案された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オートハープの関連情報