オートビエンヌ県(読み)オートビエンヌ(英語表記)Haute-Vienne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オートビエンヌ〔県〕
オートビエンヌ
Haute-Vienne

フランス中部,リムーザン地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 西端部にある。県都リモージュ。東部にアンバザック山塊 (701m) ,南西部にシャリュ山塊 (546m) ,西部にブロン山塊 (505m) などの丘陵地がある。これらを刻むビエンヌ川などの河川の谷は深く,台地面上のゆるやかな起伏と対照的である。古くから森林地帯で農業はふるわなかったが,灌漑施設の整備と湿潤な気候により,自然あるいは人工牧草地の発展が著しい。特に肉牛はリムーザン種として広く知られる高級種。工業は家畜飼育とも関連して発達した皮革加工,靴製造が第1にあげられ,南部のサンティリエの陶土を用いるリモージュを中心とする陶磁器製造も広く知られる。面積 5520km2。人口 35万 3593 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android