コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートライティングオプティマイザ おおとらいていんくおふていまいさ,おーとらいてぃんぐおぷてぃまいざ

カメラマン写真用語辞典の解説

オートライティングオプティマイザ

 英語では Auto Lighting Optimizer 。被写体の明るさ・コントラストをカメラが解析。撮影結果が 「AE露出アンダー」 、「低コントラスト」 、「ストロボ露出アンダー (光量不足)」 、「逆光露出アンダー」 になりそうな時に、自動的に (多くの人にとって) 好ましい明るさ・コントラストの画像に補正する機能。  もともと、 露出補正 をかけるなどの技術を持たない初心者のために開発され、キヤノンのエントリーデジタル一眼レフカメラ、EOS Kiss X2 に初搭載された (平成20年3月発売) 。「かんたん撮影ゾーン」 では自動的にON、「応用撮影ゾーン」 ではON/OFFが選べた。その後、中級機の EOS 50D 、ハイアマチュア機の EOS 5D Mark II など上位クラスへの搭載が進み、JPEG画像だけでなく、RAW画像にも適用できるようになった。映像エンジンが DIGIC 4 になってからは、とくにシャドー部の補正にすぐれた効果を発揮する。補正効果も 「標準」「弱め」「強め」「しない」 から選べるようになるなど、より多機能になっている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

オートライティングオプティマイザの関連キーワードビセンテバスク語AFClighting railダウンライトトップライトハードウェアT&LT&L谷間のともしび遠藤照明

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android