オーナメント(読み)おーなめんと

知恵蔵miniの解説

オーナメント

飾り、装飾装飾品飾り罫を指し、広義には、インテリアやデザイングッズ、置物、小物、また飾り罫などのことをいう。特にキャラクターなどの象徴物を用いた装飾品を指すことが多い。また、クリスマスを始め、ひな祭り、ハロウィン、こどもの日など特別な日に合わせ、それぞれの行事を表すオーナメントが発売・自作される。広義には、インテリアやデザイングッズ、置物、小物、また飾り罫などのことをいう。

(2013-11-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

大辞林 第三版の解説

オーナメント【ornament】

飾り。装飾。
装身具。腕輪。首飾り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オーナメント

〘名〙 (ornament)
① 飾り。装飾。装飾品や宝石。また、装身具
※月曜講演(1898)〈内村鑑三〉四「かの『クライブ伝』の如き、印度の東洋的装飾(オリエンタルオーナメント)を叙するに当っては錦思繍腸を絞りたる美文なれども」
② 印刷で、飾り罫。メント。〔改訂増補や、此は便利だ(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオーナメントの言及

【文様】より


[装飾としての文様]
 文様を飾る対象は,人体をはじめ,衣服,器物,家具,その他の工芸品や建築物などにひろくわたるが,その目的としては,第1には,純粋に〈飾る〉ということだけのための快楽的,観賞的な装飾文様がある。物を〈飾る〉とか〈装う〉とかいう言葉は,西洋ではラテン語起源の〈デコレーションdecoration〉あるいは〈オーナメントornament〉などがあるが,それらは人間の生活にとってよけいなものとか,ぜいたくなものと考えられたこともあった。しかし,それは本来,人間のもって生まれた装飾本能に由来するもので,先史時代以来,人類はみずからの生活環境を美化し,人生の喜びを見いだそうとして,あらゆるものに装飾をほどこしてきた。…

※「オーナメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーナメントの関連情報