コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オービス ORBIS

3件 の用語解説(オービスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

オービス【ORBIS】

速度違反を犯した自動車を発見し、違反速度と運転者・ナンバープレートの写真を自動的に記録する装置の俗称。日本では1978年(昭和53)より設置・運用を開始。 〔商標名が一般化したもの〕

オービス【ORBIS】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

オービス

正式社名「株式会社オービス」。英文社名「ORVIS CORPORATION」。製造業。昭和34(1959)前身の「有限会社中浜材木店」設立。同49年(1974)「中浜木材株式会社」設立。平成4年(1992)現在の社名に変更。本社は広島県福山市南松永町。主力はニュージーランド松を使用した梱包用材などの製造・販売。プレハブハウス製造・仮設建物リースカラオケハウス運営なども展開。JASDAQ上場。証券コード7827。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オービスの関連キーワードオータケオービックケアサービス平安レイサービスオーネットレキオスオリコムハウス物流サービス新興サービス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オービスの関連情報