コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オービス ORBIS

大辞林 第三版の解説

オービス【ORBIS】

速度違反を犯した自動車を発見し、違反速度と運転者・ナンバープレートの写真を自動的に記録する装置の俗称。日本では1978年(昭和53)より設置・運用を開始。 〔商標名が一般化したもの〕

オービス【ORBIS】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

オービス

正式社名「株式会社オービス」。英文社名「ORVIS CORPORATION」。製造業。昭和34(1959)前身の「有限会社中浜材木店」設立。同49年(1974)「中浜木材株式会社」設立。平成4年(1992)現在の社名に変更。本社は広島県福山市南松永町。主力はニュージーランド松を使用した梱包用材などの製造・販売。プレハブハウス製造・仮設建物リース・カラオケハウス運営なども展開。JASDAQ上場。証券コード7827。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

オービスの関連キーワード自動速度取り締まり装置(オービス)速度違反自動監視装置サム フィリップスレーダージャマー洗濯用フィトンα浅野みち子鼠取り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オービスの関連情報