コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーブ川 オーブがわ Aube

2件 の用語解説(オーブ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーブ川
オーブがわ
Aube

フランス中部,パリ盆地南東部を流れるセーヌ川右岸の支流。全長 248km。ブルゴーニュ地方ラングル高原に発し,狭い谷を刻んでほぼ北西に流れ,バルシュルオーブ付近でケスタ地形を横切って湿潤シャンパーニュの平原に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーブ川
おーぶがわ
l'Aube

フランス北部の川。全長248キロメートル流域面積約4000平方キロメートル。ブルゴーニュのラングル高地に発し、シャンパーニュ地方を北西流、ついで西流してロミリーの北でセーヌ川に合流する。北にマルヌ川、南にセーヌ川がほぼ並行して流れ、ともに広い農業地帯を形成している。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーブ川の関連キーワードイルドフランスセーヌ川パリブルゴーニュモルバン山地ロアール川ポンヌフセーヌ[川]マルヌ[川]ロアール[川]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone