オープンアクセス(英語表記)open access

デジタル大辞泉の解説

オープン‐アクセス(open access)

学術論文や学術雑誌の掲載記事が、インターネットを通じて誰でも自由に閲覧できること。→機関リポジトリー
電力大口顧客が供給会社を自由に選べる制度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

オープンアクセス

学術研究成果を誰もが無料でオンラインで利用できるようにすること,またその理念.商業出版社による学術雑誌の寡占化,価格の高騰化などによって引き起こされたシリアルズ・クライシスのなかで,研究成果を広く公開したい,あるいは公開するべきといった考え方から生まれた.2002年に設立されたBOAI(Budapest Open Access Initiative)では,オープンアクセスの方法として,セルフアーカイビングとオープンアクセス雑誌の二つが示された.セルフアーカイビングは,研究者自身が個人のウェブサイトやリポジトリなどで研究論文などを無料公開する方法,オープンアクセス雑誌は,誰もが無料で利用できるオンラインジャーナルを刊行する方法である.前者のリポジトリに関しては,大学など学術機関が機関リポジトリと呼ばれるシステムを構築し,実際の学術文献の収集と公開のための業務を図書館が担うケースが多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オープンアクセスの関連情報