コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンアクセス オープンアクセス open access

2件 の用語解説(オープンアクセスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オープン‐アクセス(open access)

学術論文や学術雑誌の掲載記事が、インターネットを通じて誰でも自由に閲覧できること。→機関リポジトリー
電力大口顧客が供給会社を自由に選べる制度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

オープンアクセス

学術研究成果を誰もが無料でオンラインで利用できるようにすること,またその理念.商業出版社による学術雑誌の寡占化,価格の高騰化などによって引き起こされたシリアルズ・クライシスのなかで,研究成果を広く公開したい,あるいは公開するべきといった考え方から生まれた.2002年に設立されたBOAI(Budapest Open Access Initiative)では,オープンアクセスの方法として,セルフアーカイビングとオープンアクセス雑誌の二つが示された.セルフアーカイビングは,研究者自身が個人のウェブサイトリポジトリなどで研究論文などを無料公開する方法,オープンアクセス雑誌は,誰もが無料で利用できるオンラインジャーナルを刊行する方法である.前者のリポジトリに関しては,大学など学術機関が機関リポジトリ呼ばれるシステムを構築し,実際の学術文献の収集と公開のための業務を図書館が担うケースが多い.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オープンアクセスの関連キーワード学術会議学術学術用語囲み記事サイエンス査読論著論文ネイチャートムソン・ロイター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープンアクセスの関連情報