コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンブック・マネジメント オープンブック マネジメント

人事労務用語辞典の解説

オープンブック・マネジメント

“オープンブック”のブックは企業の会計帳簿や財務諸表を指し、それをオープンにするという意味。すなわち「オープンブック・マネジメント」(Open Book Management)とは、自社のあらゆる経営指標をすべての従業員に開示し、経営の透明性を高めることによって、従業員の自律性や組織のモラールを最大限に高めようとする経営手法のことです。OBMとも略されます。
(2011/3/28掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android