オープン工法(読み)オープンコウホウ

リフォーム用語集の解説

オープン工法

建築物を建てる際、工務店や職人など、だれでも採用できるように、一般に公開されている構造・工法のこと。建築基準法に定められた公開された技術を使う工法で、具体的には、木造軸組工法、2×4工法、重量鉄骨ラーメン工法、鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート壁式構造、鉄骨鉄筋コンクリート工法などがある。それに対して、ハウスメーカーのプレハブ住宅のように、構造や工法の細かい仕組みが公開されず、第三者は建てることができないものを「クローズド工法」という。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android