コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープン工法 オープンコウホウ

1件 の用語解説(オープン工法の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

オープン工法

建築物を建てる際、工務店や職人など、だれでも採用できるように、一般に公開されている構造・工法のこと。建築基準法に定められた公開された技術を使う工法で、具体的には、木造軸組工法2×4工法重量鉄骨ラーメン工法、鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート壁式構造、鉄骨鉄筋コンクリート工法などがある。それに対して、ハウスメーカープレハブ住宅のように、構造や工法の細かい仕組みが公開されず、第三者は建てることができないものを「クローズド工法」という。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープン工法の関連情報