コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイウサギ domestic hare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイウサギ
domestic hare

ウサギ目ウサギ科。ヨーロッパ南部およびアフリカ北西部に住むアナウサギ Oryctolagus cuniculus が原種で,家畜化は前 700年頃ヨーロッパ南部で行われたと考えられる。毛皮用 (レッキスなど) ,肉用 (ベルジアンヘアなど) ,毛用 (アンゴラなど) ,愛玩用 (ダッチなど) など多くの品種がある。日本に初めて入ったのは 19世紀頃。妊娠期間は 30日,生れた子は閉眼で無毛である。離乳は生後 40~60日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイウサギ
かいうさぎ / 飼兎
domestic rabbit

哺乳(ほにゅう)綱ウサギ目ウサギ科に属する動物のうち、家畜として飼養されているウサギの総称。イエウサギまたはカト(家兎)ともいい、ノウサギ(野兎)に対する語。現在、世界各国で飼育されているカイウサギは、ヨーロッパの中部と南部、アフリカ北部にかけて生息するヨーロッパアナウサギを飼いならしたものである。中世以後、世界各地に広まり、各国で改良された。用途別の品種としては、毛用種のアンゴラ、肉用種のベルジアンノウサギやフレミッシュジャイアント、毛皮用種のチンチラやレッキス、肉と毛皮両方を目的とする兼用種のニュージーランドホワイトや日本白色種、愛玩(あいがん)用種のヒマラヤンやダッチなどがある。[澤崎 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカイウサギの言及

【ウサギ(兎)】より

…耳は長く,尾は短い。ノウサギ類hareとアナウサギ類rabbitなど8属約37種からなり,家畜のカイウサギはアナウサギを飼い慣らしたものである。 ノウサギ類はユーラシア,アフリカ,北アメリカに分布し,日本の本州以西の野生ウサギは,アマミノクロウサギを除きすべてノウサギ類である。…

※「カイウサギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイウサギの関連キーワードアンゴラ(ウサギ科)チンチラ(ウサギ)ノウサギ(野兎)ベルジアンヘア種チンチラウサギ日本白色種レッキス種穴兎・穴兔アンゴラ種秦佐八郎アルビノ野兎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android