コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイコウ計画 カイコウけいかくKAIKO project

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイコウ計画
カイコウけいかく
KAIKO project

日本とフランスの協力による日本周辺の海溝調査計画。 1984年に共同調査が始まり,フランスの研究船『ジャン・シャルコー』号が日本海溝周辺でマルチ・ナロービームを使用し,詳細な地形,地質,地球物理学的研究を行なった。 85年には,6000mまで潜水可能なフランスの潜水艇『ノチール』号による海溝調査が始まり,27回にわたる海溝への潜水調査を行なった。この結果,断層による海山の崩壊と火山体内部の断面の観察,プレートの沈み込みによる海溝陸側斜面の著しい変形,世界最深所の生物群集 (シロウリガイ) の発見などの成果があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android