コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイペル Abraham Kuyper

2件 の用語解説(カイペルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カイペル【Abraham Kuyper】

1837‐1920
オランダカルバン主義神学者,政治家。1863年以後ベーストBeesd,ユトレヒトアムステルダムで牧師。72年,創設まもない反革命党の機関誌《スタンダルトDe Standaard》(日刊)を創刊して編集長となり,同党を指導する。74年反革命党から下院議員に選出され,牧師を辞す。80年アムステルダムに自由大学を設立し,教授として厳格なカルバン主義神学を説いた(‐1901)。94年再び下院議員となり,1901‐05年カイペル内閣を組織したが,鉄道スト(1903)にあい,スト弾圧法を制定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカイペルの言及

【カルビニズム】より

…すなわちアルミニウス主義の反対概念である。さらに19世紀末以後オランダのコイペルAbraham Kuyper(1837‐1920)が首唱したネオ・カルビニズムはカルビニズムを世界観として政治と学問の全領域に適用しようとする。またK.バルトの思想も別の意味でネオ・カルビニズムと呼ばれることがある。…

【オランダ】より

…19世紀後半はまた近代的政党の形成期であった。自由党,カトリック党(RKSP)の成立に促されて保守的なプロテスタントもA.カイペルの指導で反革命党(ARP)を結成し,自由党が自由主義的で世俗的な公教育を推進すると,カトリック党と反革命党は結束して反対し,宗派立の私立学校に対する国庫補助を要求した。 48年憲法と自由主義的経済政策,オランダ領東インド植民地(ジャワ島など)の搾出利潤による鉄道敷設,アムステルダムの北海運河やロッテルダムの新マース運河の開設,後背地ドイツの工業化によるライン航行の発達などによって,オランダは60‐70年代にいたってようやく本格的な産業革命を迎えた。…

※「カイペル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カイペルの関連キーワード辞典光の科学史フルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone