コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイヤドリウミグモ カイヤドリウミグモ Nymphonella tapetis

2件 の用語解説(カイヤドリウミグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイヤドリウミグモ
カイヤドリウミグモ
Nymphonella tapetis

ウミグモ綱ウミグモ目イソウミグモ科。体長約 8mm,歩脚の長さ約 1.5cm。成体は浅海の砂泥中にもぐっているが,幼生はアサリシズクガイなど数種の二枚貝(→二枚貝類)の外套腔内に寄生している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カイヤドリウミグモ

体長1センチほどの節足動物。形が似ている陸上のクモとは異なる。アサリやマテガイなどの二枚貝に寄生し、ストローのような口で体液を吸う。毒性はなく、人が食べても害はない。

(2014-03-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカイヤドリウミグモの言及

【ウミグモ(海蜘蛛)】より

…この幼生は3対の脚をもち,甲殻類のノープリウス幼生に一見似ている。一般に成体は自由生活をするが,カイヤドリウミグモNymphonella tapetisのように成体は浅海の砂底にすみ,幼生がアサリの外套(がいとう)腔内で寄生生活をするなど,幼生が他の動物に一時的に寄生するものが多い。汀線(ていせん)付近の海藻の根の間や石の下にいるシマウミグモLecythorhynchus hilgendorfiは体長5mmくらい,アマモ場付近でプランクトン・ネットに入ってくるツメナガウミグモPropallene longicepsは約3mmなど浅海性の種は小型であるが,深さ50~1000mのイトユメムシNymphon japonicumは体長1~1.5cm,脚は4~5cmを有し,4000mの深さからもえられたベニオオウミグモColossendeis colossea(イラスト)は世界最大(体長9cm,脚の長さ35cmくらい)のウミグモとして知られるなど,深海性の種には大型となるものがある。…

※「カイヤドリウミグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カイヤドリウミグモの関連キーワードシマウミグモベニオオウミグモ海蜘蛛ミグ居候蜘蛛ミグモブラスト眼球ミグマタイト縞状ミグマタイトウミグモ(海蜘蛛)ツメナガウミグモ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone