コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイン・コンプレクス Cain complex

世界大百科事典 第2版の解説

カイン・コンプレクス【Cain complex】

同胞(兄弟)間の葛藤(かつとう)を表す精神分析学用語。旧約聖書にあるアダムとイブの子どもであるカインが,神に寵愛(ちようあい)された弟アベルを殺したという物語にもとづく。両親の偏愛,弟への羨望とねたみといった一連の感情をさす。通常は,これらの感情が意識されて苦痛に感じないよう,無意識の世界に押しこめられているが,折々の言動の中に無意識的に現れていることがある。エディプス・コンプレクス【中根 晃】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカイン・コンプレクスの言及

【嫉妬】より

…人間にとって最も基本的な感情の一つで,2,3歳の幼児でも弟や妹が生まれて母親からかまってもらえなくなると,母の愛情を奪われたと感じて弟や妹を嫉妬し,敵意を向ける。これをカイン・コンプレクスといい,アベルをねたんで殺した旧約聖書のカインの故事に由来するが,さしずめカインは人類最初の嫉妬者だったことになる。さきの定義から,所有欲が強い人は一般に嫉妬心も強いが,それが正常範囲を越えると〈嫉妬妄想delusion of jealousy〉になる。…

※「カイン・コンプレクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カイン・コンプレクスの関連キーワードエディプス・コンプレクス嫉妬