コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウズ Cowes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウズ
Cowes

イギリスイングランド南部,ワイト島北端の町。ハンプシャー県沖のイギリス海峡にあるワイト島の主要港で,メディナ川の河口に位置する。造船航空機,船舶用具などの工業が立地する。1540年ヘンリー8世によってつくられたカウズ城があり,1856年城に王立ヨットクラブの本部が置かれて以来,イギリスのヨット競技中心地となり,毎年 8月初めに開かれるヨットレースは国際的にも有名。人口 9663(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカウズの言及

【ワイト[島]】より

…温和な気候と美しい風光に恵まれ,南東岸のサンダウンSandown,シャンクリンShanklin,ベントナーVentnorなどがビクトリア時代以来,海岸保養地となっている。牧羊など農業のほか石材業や,北岸のカウズCowesでは造船,航空機工業がみられる。カウズには王立ヨット艦隊が置かれ,8月に開催されるカウズ・ウィークと呼ばれるレガッタをはじめ,ヨット競技が盛ん。…

※「カウズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カウズの関連キーワードアーノルド(Thomas Arnold)オーシャンレースシャコ(鷓鴣)フィリップ島ヤマウズラアイアンズウズラシギアーノルドハウズラナッシュイマヤス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カウズの関連情報