カウフマン(読み)かうふまん(英語表記)Константин Петрович КауфманKonstantin Petrovich Kaufman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウフマン(Konstantin Petrovich Kaufman)
かうふまん
Константин Петрович Кауфман Konstantin Petrovich Kaufman
(1818―1882)

ロシアの将軍、政治家。工科士官学校を卒業(1839)、1840年代にはカフカス(コーカサス)で、50年代にはクリミア戦争で戦闘に従事し、頭角を現した。67年からはトルキスタン軍管区司令官およびトルキスタン軍事総督として、ロシアの中央アジア進出の指揮をとった。すなわち、68年にはブハラヘ、73年にはヒバ・ハン国へ軍を進め、これらの地方を征服。さらに74~76年にはコーカンド・ハン国の反乱を鎮めて、これをロシア帝国に併合した。[外川継男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カウフマンの関連情報