コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシア帝国 ロシアていこくRossiiskaya Imperiya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシア帝国
ロシアていこく
Rossiiskaya Imperiya

帝政ロシアの正式な名称。 1700~21年の北方戦争にロシアがスウェーデンに勝利したあと,21年にピョートル1世 (大帝) が元老院から「インペラートル (皇帝) 」の称号を贈られたが,これとともに国名を「ロシア帝国」と定めた。 1917年3月 15日 (旧暦2日) ,ニコライ2世が退位するまでこの名称が用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロシアていこく【ロシア帝国 Rossiiskaya imperiya】

18世紀初めから1917年のロシア革命までのロシア。帝政ロシアともいう。正式には1721年にピョートル1世(大帝)が皇帝(インペラートルimperator)の称号をとってから,1917年の二月革命ニコライ2世が退位するまでをいう。帝室ロマノフ朝で,その首都はペテルブルグ。東方正教(東方正教会)を国教とし(ロシア正教会),ユリウス暦を用いていた。人口は1724年に約1558万,1812年に約4270万と推定され,帝国時代に行われたただ1回の全国国勢調査(1897)では1億2500万(うちロシア人は5560万)であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア帝国
ろしあていこく
Россия Rossiya

ヨーロッパ東部からアジア北部・西部にかけて、1917年まで存在した大帝国。英語名ラッシアRussia。首都ペテルブルグ(1712~1914、のちペトログラード、レニングラード、現サンクト・ペテルブルグ)。詳細は「ロシア史」の「ロシア帝国の成立と発展」以下の章を参照。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロシア帝国の関連キーワードアレクサンドラ コロンタイマリインスキー・バレエ団スオメンリンナの要塞群グルジアとロシアの対立グルジア・ロシア対立ポーランド独立記念日P. セミョーノフツングースカ大爆発ピョートル[1世]ジャディディズムロシアン・ブルーチェチェン共和国カシュガル界約モスクワ大公国テレムノイ宮殿ベルジャンシクバルチック艦隊大ロシア主義ビツェプスクアシガバット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロシア帝国の関連情報