コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリミア戦争 クリミアセンソウ

5件 の用語解説(クリミア戦争の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クリミア‐せんそう〔‐センサウ〕【クリミア戦争】

1853~56年、ロシアと、トルコイギリスフランスサルデーニャ連合軍との間で起きた戦争。聖地エルサレムの管理権をトルコに要求して南下を図ったロシアに対し、阻止しようとするイギリスなどがクリムクリミア)半島に出兵して参戦。ロシアが敗北した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クリミア戦争【クリミアせんそう】

1853年―1856年にわたり,クリミア半島を主戦場として,ロシアと英,仏,オスマン・トルコサルデーニャの4ヵ国連合との間に起きた戦争。ロシアの南下政策にともなう東方問題の一局面をなす。
→関連項目アレクサンドル[2世]クリミア自治共和国私掠船聖地問題タンジマートナイチンゲールニコライ[1世]パーマストンパリ条約マクマオン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クリミアせんそう【クリミア戦争】

中近東およびバルカン半島の支配権をめぐって,イギリス,フランス,サルデーニャ,オスマン・トルコの4ヵ国連合とロシアとのあいだで戦われた戦争(1853‐56)。クリミア半島と黒海が主戦場であったため,こう呼ばれるが,戦火はドナウ川流域,バルト海カフカス地方,さらに極東のカムチャツカ半島にまで広がった。戦争の背景となったのは,オスマン・トルコ帝国の衰退によって生じてきた〈東方問題〉の解決をめぐる,ヨーロッパ諸強国の外交政策の衝突であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クリミアせんそう【クリミア戦争】

1853年からクリム半島で行われたオスマン帝国・イギリス・フランス・サルデーニャ連合軍と,トルコ領内のギリシャ正教徒保護を名目に南下政策を進めるロシアとの戦争。56年パリ条約が結ばれ,南下を阻まれたロシアは専制による社会矛盾が露呈。ナイチンゲールの活躍が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリミア戦争
くりみあせんそう
Крымская Война Krmskaya Voyna 

1853年から56年にかけて、ロシアと、トルコ・イギリス・フランス・サルデーニャの連合軍との間で行われた戦争。クリミア半島がその舞台となったところから、こうよばれる。[外川継男]

原因

戦争の直接のきっかけは、フランス国内のカトリックの人気取りを目ざすナポレオン3世が、1852年末トルコ政府に対して、聖地エルサレムのベツレヘム教会の管理権をギリシア正教徒から取り上げてカトリックの司祭に与えるよう要求し、トルコがこれに屈したことにあった。このことは、トルコ領内に住む正教徒の地位を危うくし、また全正教徒の庇護(ひご)者をもって任ずるロシア皇帝の面目失墜にもつながるものであったため、ニコライ1世は特使を派遣、聖地管理権の復活と正教徒の権利の保障とをトルコに要求した。トルコは、前者の要求に応じたが、後者は内政干渉であるとして拒絶した。ロシア政府は、イギリスとフランスとが敵対しており、この件で両国が手を握ることはないとみていた。しかし、ロシアの黒海からエーゲ海方面への進出を恐れるイギリスは、フランスと協同してダーダネルス海峡に艦隊を差し向けた。ここに至ってロシアは、53年7月初め、トルコが宗主権を有していたモルダビアとワラキアの両公国に8万の軍隊を進駐させた。これに対しトルコは、英仏の支援を頼んで、ロシアに撤退を要求したが、これが拒絶されるに及んで、同年10月ロシアに宣戦を布告し、両公国内のロシア軍に攻撃を開始した。[外川継男]

経過

1853年11月、ナヒーモフ提督指揮下のロシア艦隊は、シノップ沖の海戦でトルコの黒海艦隊を破った。トルコ海軍の敗北は、英仏の参戦を促進することとなり、両国は54年3月にロシアに宣戦を布告した(このあと、55年1月にはサルデーニャ政府もロシアに宣戦を布告する)。54年9月、オーストリアの脅威を感じたパスケービッチ将軍麾下(きか)のロシア軍は、両公国から撤退し、オーストリア軍がこれら2公国を占領した。また同じ9月、フランス・イギリス・トルコ軍は約6万の大軍をクリミアに上陸させて、セバストポリを包囲した。セバストポリは、トートレーベン将軍によって急きょ防御工事が施され、また列強側に比べ力の弱さを認めざるをえなかったロシア艦隊は、コルニーロフ黒海艦隊司令官の戦術でセバストポリ湾に自艦を沈めて港口を閉塞(へいそく)した。他方、陸上のロシア軍は、住民の参加も得、よく敵の砲撃に抗して11か月余の長きにわたってセバストポリ要塞(ようさい)を守りぬいたが、翌55年8月末になって、連合軍にセバストポリの南側を占拠され、北方への退却を余儀なくされた。戦争は同年の末までに事実上終わった。[外川継男]

結果

ニコライ1世は戦争中の1855年2月に死去したが、後を継いだアレクサンドル2世は、ロシア軍に戦争継続能力のないこと、国内の改革が優先することを見て取り、56年3月パリにおいて講和を締結した(パリ条約)。これによって、ロシアはドナウ河口とベッサラビアの一部を譲り、黒海に艦隊を所有する権利を失って、地中海方面へ進出する望みを断たれた。黒海は中立を宣せられ、ボスポラス、ダーダネルス両海峡は通商上の自由航行は認められたが、すべての国の軍艦の通過は否定された。ロシア国内では敗戦をきっかけに、近代化を目ざす運動が起こり、61年の農奴解放に始まる一連の改革事業が行われるようになった。
 この戦争のクライマックスは、セバストポリの要塞をめぐる349日間の激しい攻防戦であった。当時26歳のL・トルストイは少尉補としてこの戦闘に参加し、陣中で『セバストポリ物語』を書いた。また、イギリスの看護婦ナイチンゲールは傷病兵の看護に尽力し、後年の赤十字運動の機運を生み出した。クリミア半島における連合軍の戦死者は7万、ロシア側は13万にも上った。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクリミア戦争の言及

【アレクサンドル[2世]】より

…在位1855‐81年。ニコライ1世の長男として生まれ,クリミア戦争の敗色が濃くなったさなかに病没した父帝のあとを襲って即位した。1855年11月セバストポリが陥落するや,彼は講和にふみきり,翌年3月パリ条約を締結。…

【パリ条約】より

…フランスはほぼ1789年の国境に制限され,北部と東部の国境地帯の要塞にはフランスの負担で5ヵ年以内同盟軍が駐留すること,フランスは7億フランの賠償金を支払うことが定められた。(5)1856年3月30日,クリミア戦争の終結に際して,ロシア,イギリス,フランス,オーストリア,プロイセン,サルデーニャ,オスマン・トルコの間に結ばれた講和条約。締結国はトルコの独立と領土保全を認め,その内政への不干渉を約し,トルコは国内で宗教,民族の別なく平等の権利を人民に与えることを約した。…

【ロシア帝国】より

…人口は1724年に約1558万,1812年に約4270万と推定され,帝国時代に行われたただ1回の全国国勢調査(1897)では1億2500万(うちロシア人は5560万)であった。 帝国の歴史は18世紀と19世紀に分けることができ,19世紀はさらにクリミア戦争(1853‐56)でその前と後に分かれ,19世紀末~20世紀初めが帝政末期になる。18世紀のロシアは軍事技術から思想,風俗までヨーロッパの文物・制度を貪俗に吸収し,啓蒙専制君主エカチェリナ2世の時代にある意味で模範的な絶対主義国になり,ヨーロッパの一大強国に発展した。…

【ロスチャイルド家】より

…1860年ナポリのロスチャイルド家は閉鎖され,フランクフルト,ウィーンでも家運は衰退に向かった。しかしパリでは67年クレディ・モビリエの瓦解後,ロスチャイルド家は再び指導的な地位を回復し,ロンドンでもクリミア戦争での公債引受け,スエズ運河購入にあたっての金融などで依然として力を発揮した。普仏戦争後の講和交渉でフランスの償金支払を保証し,また早期支払を可能にしたのもロスチャイルド家の金融力であった。…

【露土戦争】より

…(4)19世紀後半 18世紀末以後,バルカンにおいてロシアが大きな足場を築いたことは,同じくオスマン帝国への進出をねらっていた西欧諸国の利益と対立した。聖地エルサレム管理権問題(聖地問題)に端を発してロシア,トルコ両国の戦端が開かれると,イギリス,フランス,オーストリア,プロイセン,サルデーニャはオスマン帝国を支援してロシアに宣戦し,クリミア戦争(1853‐56)となった。ロシアは敗北し,パリ条約(1856)において,(a)黒海は中立地帯とされ,あらゆる国の商船に開放される,(b)ドナウ川は国際管理とされ,あらゆる国の商船に開放される,(c)ワラキア,モルダビアは西欧諸国の保護下に自治を認められる,などの条項を認めることによって,ロシアは,これまで黒海,バルカン方面において獲得してきた特権を放棄することを余儀なくされた。…

※「クリミア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリミア戦争の関連キーワードアルバニア支配権中近東バルカン半島カルナチック島巡り巴爾幹ヨーロッパトルコプロクシーファイトバルカン・ハウンド

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリミア戦争の関連情報