コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキバチシャノキ Cordia dichotoma Forst.f.

1件 の用語解説(カキバチシャノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カキバチシャノキ【Cordia dichotoma Forst.f.】

アジアの熱帯に広く分布するムラサキ科の中高木。日本では奄美諸島以南に自生地がある。樹皮は繊維質で,若い枝は脱落性の毛におおわれる。葉は互生し,卵形ないし楕円形。長さ7~12cm,幅4~7cm。縁は全縁でやや波打つ。花序は腋生(えきせい),新葉とともに展開し,二叉(にさ)に分岐した集散花序で,学名のdichotoma(二叉分岐の意)はこの特徴に由来する。花冠は直径約7mmで淡黄色,5裂し平開する。果実は漿果(しようか)で球形,直径約1cm,熟すと赤くなり,後に黒変する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カキバチシャノキの関連キーワードトッケイピレア紫色猩猩蜻蛉蔓紫グーラミー背黒鰺刺蓬莱羊歯ココヤシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone