コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキ渋

栄養・生化学辞典の解説

カキ渋

 カキの味の本体で,タンニンであり,シブオールという.可溶性のものは渋いが,縮合して不溶性になると収れん味はなくなる.可溶性タンニンを含むしぶ柿は,干し柿にするか,少量の焼酎とともに,密閉した容器に入れて,エタノールの作用でタンニンを不溶化して食べる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

カキ渋の関連キーワード油紙

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カキ渋の関連情報