コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザフ丘陵 カザフきゅうりょうKazakhsky melkosopochnik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カザフ丘陵
カザフきゅうりょう
Kazakhsky melkosopochnik

カザフスタン中部から東部にかけての小さな山頂を連ねた丘陵地帯。谷の発達はよいが乾燥しているため,現在では流水による浸食の割合は小さい。バルハシ湖の北に始り,北はロシア,南シベリアの低地に続く。最高点はアクソラン山 (1566m) 。北部はステップ,南部は半砂漠で,山地斜面にマツ林がある。おもに古生代の地層から成り,鉱物資源が豊かで,銅鉱をはじめ,石炭,鉄鉱,岩塩などを産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone