カザンの聖母聖堂(読み)カザンノセイボセイドウ

デジタル大辞泉の解説

カザン‐の‐せいぼせいどう〔‐セイボセイダウ〕【カザンの聖母聖堂】

Sobor Kazanskoy ikonï Bozhiey MateriСобор Казанской иконы Божией Матери》ロシア連邦の首都モスクワの中心部、赤の広場にあるロシア正教会の教会。17世紀初め、ポーランド軍の侵攻を防いだことを記念して建造。旧ソ連時代の1936年、スターリンにより破壊されたが、1993年に再建。名称はロシア正教会で尊ばれてきたカザンの聖母のイコンがあったことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android