コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザン・ハーン国 カザンハーンこく Qazān Khān

1件 の用語解説(カザン・ハーン国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カザンハーンこく【カザン・ハーン国 Qazān Khān】

キプチャク・ハーン国の継承国家の一つで,1437年チンギス・ハーン血を引くウルグ・ムハンメドUlug Muḥammed(在位1437‐45)がボルガ中流域に建国した。1437‐1552年。トルコ語ではKazan Han。国名は,1445年以来カザンを首都としたことによる。住民は,おもにトルコ系のブルガールとフィン・ウゴル系の諸民族とからなっていたが,全体としてはトルコ・イスラム文化が優勢であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカザン・ハーン国の言及

【タタール】より

…キプチャク・ハーン国が解体した15~16世紀には,カザン,アストラハン,クリミア,シベリアなど,南ロシアからシベリアにかけて,いくつかのタタールの国家が誕生し,それぞれ異なるタタール人の民族体も現れてきた。このうちのカザン・ハーン国は,15世紀前半に,それまでのボルガ・カマのブルガール国にかわってその地域と住民を支配するようになった国家で,その領域には,カザン・タタールを中心に,バシキール,チュバシ,マリ,モルドバ,ウドムルトなどの諸民族体が派生した。 1552年,ロシアのイワン4世(雷帝)がカザンを占領し,58年にカザン・ハーン国全土を併合するに及んで,これら諸族はロシア帝国の支配下に組み入れられた。…

※「カザン・ハーン国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カザン・ハーン国の関連キーワード薩来ジュチ帖木児抜都カザンハン国キプチャクハン国クリムハン国青帳ハン国チャガタイハン国白帳ハン国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone