コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケード接続 カスケードセツゾク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カスケード接続

複数のハブ(HUB)をつなぎ合わせて、より多くの端末を接続できるようにすること。ハブ同士の接続には、「カスケードポート」(またはアップリンクポートMDIポート)という専用ポートを使う。たとえば、6ポートのハブを2台つなぎ合わせれば、最大10ポートが使えるようになる。ただし、リピーターハブの最大接続台数は、10BASE-Tで4個、100BASE-TXで2個に制限されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カスケード‐せつぞく【カスケード接続】

cascade connection》コンピューターネットワークにおいて、ハブなどの中継点を段階的につなぎ、接続できる端末数を増やすこと。多段接続

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

カスケードせつぞく【カスケード接続】

LAN(ラン)などのコンピューターネットワークにおける、ケーブルの接続方法のひとつ。複数のハブを階層的に接続することにより、ネットワークに接続するコンピューターや周辺機器の数を増やすことができる。◇「多段接続」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

カスケード接続の関連キーワードAutoMDI/MDI4リピーター規則スタック接続直列接続

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスケード接続の関連情報