カセッラ(読み)かせっら(英語表記)Alfredo Casella

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カセッラ
かせっら
Alfredo Casella
(1883―1947)

イタリアの作曲家、ピアニスト、指揮者。トリノに生まれ、ローマに没す。パリ音楽院に入学、のちにフォーレに師事。作曲家、演奏家、評論家として広範にわたって活躍。1917年国民音楽協会を設立し、両世界大戦間のイタリア音楽のもっとも重要な指導者の一人となった。彼はフランス印象主義の影響を受けたが、やがてその作風は新古典的傾向を示す。作品には、オペラやバレエなどの舞台作品をはじめ、2曲の交響曲、コンチェルト的作品、室内楽曲、ピアノ曲、声楽曲など多数が残されている。[寺田兼文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android