コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタイシア大陸 カタイシアたいりく

百科事典マイペディアの解説

カタイシア大陸【カタイシアたいりく】

先カンブリア時代後期以後に現在の中国から東南アジアにかけて広がっていたと考えられている大陸。古生代後期にはギガントプテリス(シダ状の大きな葉の化石)を代表とするカタイシア植物群の化石を産する範囲として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のカタイシア大陸の言及

【カタイシア植物群】より

…古生代後期の石炭紀から二畳紀にかけて現在の中国大陸を中心として発達した植物群で,北は遼東半島,熱河から,朝鮮,日本を含み,南は雲南,タイ,マレーシア,スマトラまで広がっていた。これらの分布地域はカタイシア大陸とも呼ばれる。この中で石炭紀の植物は欧米植物群に近く,時代が若くなるにつれてカタイシア植物群特有の植物が多くなる。…

※「カタイシア大陸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android