コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタイシア大陸 カタイシアたいりく

1件 の用語解説(カタイシア大陸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カタイシア大陸【カタイシアたいりく】

先カンブリア時代後期以後に現在の中国から東南アジアにかけて広がっていたと考えられている大陸。古生代後期にはギガントプテリス(シダ状の大きな葉の化石)を代表とするカタイシア植物群の化石を産する範囲として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のカタイシア大陸の言及

【カタイシア植物群】より

…古生代後期の石炭紀から二畳紀にかけて現在の中国大陸を中心として発達した植物群で,北は遼東半島,熱河から,朝鮮,日本を含み,南は雲南,タイ,マレーシア,スマトラまで広がっていた。これらの分布地域はカタイシア大陸とも呼ばれる。この中で石炭紀の植物は欧米植物群に近く,時代が若くなるにつれてカタイシア植物群特有の植物が多くなる。…

※「カタイシア大陸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カタイシア大陸の関連キーワードカンブリア紀先カンブリア時代ウンブリアカンブリアカンブリア系コリシウムコレニア始原代飛騨変成岩エオ─

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone