コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタネ Katanē; Catana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタネ
Katanē; Catana

シチリア島東岸の古代ギリシアの都市。ラテン名カタナ。現カタニア。前 729年頃エトナ山の斜面南端にナクソスによって植民地として建設されたが,やがてシラクサ人によって支配された。ヒエロン1世はカタネ人をレオンチニに移し,エトナと改名してドーリア人傭兵を入れたが,前 461年には放逐され,旧名が復活した。前 263年以後ローマ領となって繁栄。たびたびの火災と地震,特に 1169,1669,93年の災害のため古代の遺跡は少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カタネの関連キーワードマーガレット マーヒーマイケル ムーアヒエロン[1世]モーリス・ジープレンティー湾ギリシア史天秤棒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android