コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタネ Katanē; Catana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタネ
Katanē; Catana

シチリア島東岸の古代ギリシアの都市。ラテン名カタナ。現カタニア。前 729年頃エトナ山の斜面南端にナクソスによって植民地として建設されたが,やがてシラクサ人によって支配された。ヒエロン1世はカタネ人をレオンチニに移し,エトナと改名してドーリア人傭兵を入れたが,前 461年には放逐され,旧名が復活した。前 263年以後ローマ領となって繁栄。たびたびの火災と地震,特に 1169,1669,93年の災害のため古代の遺跡は少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カタネの関連キーワードマーガレット マーヒーマイケル ムーアヒエロン[1世]モーリス・ジープレンティー湾ギリシア史天秤棒

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カタネの関連情報