カッシート人(読み)カッシートじん(英語表記)Kassites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシート人
カッシートじん
Kassites

前 16世紀後半バビロン第2王朝 (カッシート朝) を築いたとされる東方のザグロス山岳地帯出身の民族。前2千年紀以降メソポタミアに侵入,ハンムラビ王の息子に撃退されたが,バビロニア北方のチグリス,ユーフラテス両川流域に定着,のちバビロン第2王朝を創始。その後首都をドゥル=クリガルズに置きバビロニアを約 570年間支配したとされるが,おそらくバビロン第1王朝と重複していたと考えられる。前 12世紀エラム人に追われ,前 1000年以降ザグロス山岳地帯に退き,アッシリアの東征に抗し,アケメネス朝ペルシアに朝貢した。前4世紀アレクサンドロス3世 (大王) に征服されたが,のち再び独立した。バグダード郊外のアカルクフには彼らの残したジッグラト,エンリル神殿,クリガルズの王宮の廃墟がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカッシート人の言及

【ウマ(馬)】より

…またキュルテペ辺りは,インド・ヨーロッパ語系のヒッタイト人の居住地でもあった。そしてザーグロス山中にいたカッシート人が,前2000年ころメソポタミアに馬をもたらしたという記録もある。そしてこれ以後,インド・ヨーロッパ語系の諸民族が馬戦車を伴い,相次いで古代文明諸地域へ侵入しているのである。…

※「カッシート人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android