コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッティングス cuttings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッティングス
cuttings

ロータリー掘りにおいて,ビットで地層を掘るときに出る破砕された地層のかけらで,掘り屑ともいう。掘削泥水により坑底から地表に運搬され,マッドスクリーンで泥水から分離される。分離されたカッティングスはただちに分析器にかけられ,現在掘進中の地層がどのような性質のものであり,石油やガスをどの程度含んでいるかなどを調べる。坑底の地質を掘削の進行に並行して直接目で見られる唯一の手段である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カッティングスの関連キーワードボーリング(試錐)採石場掘屑

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android