コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドフィセース[2世] Kadphises II

世界大百科事典 第2版の解説

カドフィセース[2世]【Kadphises II】

古代インドクシャーナ朝の王。在位は一説によると後91‐130年ころ。生没年不詳。ビマ(ウェーマ)・カドフィセースVima Kadphisesの名でも知られ,《後漢書》では閻膏珍と記される。父王カドフィセース1世(クジューラ)のあとを継ぎ,領土を北インド中部にまで広げ,〈王中の王,全世界の主〉と称した。従来の銀貨に替え,純度の高い大型の金貨を発行したことで知られる。【山崎 元一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報