コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシャーナ朝(読み)クシャーナチョウ

百科事典マイペディアの解説

クシャーナ朝【クシャーナちょう】

クシャン朝ともいい,また貴霜朝とも。1世紀半ばから3世紀中葉まで,現在のアフガニスタンおよび北インドを中心に栄えた王朝。大月氏支配下のクシャーナKusana族の族長カドフィセース1世がバクトリアに興起し,その子カドフィセース2世がインドに侵入して王朝の基礎をつくった。次いで2世紀中葉にカニシカ王が出て大帝国を確立し最盛期を迎えた。その後3世紀後半から衰退し,ササン朝に滅ぼされた。東西交通の要衝を占め,ローマとの交流が盛んで,ガンダーラ美術の形成,大乗仏教の興起など特色ある文化を生んだ。
→関連項目タキシラトカラハッダ扶南南アジア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クシャーナちょう【クシャーナ朝 Kuṣāṇa】

インド,中央アジアの古代王朝。1世紀半ば~3世紀前半。クシャンKushan朝とも呼ばれ,中国の史書では貴霜(きそう)と記される。前2世紀後半,東方から移動しバクトリア地方を征服し大月氏は,領内に5翕侯(きゆうこう)(諸侯)を置いた。5翕侯については,彼らを土着の民族とみる説と,大月氏の一族とみる説とがある。1世紀半ばごろ,5翕侯の一つを出していたクシャーナ族が,クジューラ・カドフィセース(カドフィセース1世)のもとに強大となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクシャーナ朝の言及

【インド】より

…その後,1世紀半ばごろバクトリア方面からクシャーナ族が侵入し,中央アジアから中部インドに及ぶ大国家を建設した(~3世紀初め)。クシャーナ朝は漢とローマを結ぶ東西交通路の中央をおさえて繁栄し,またこの王朝のもとで大乗仏教の確立とガンダーラ美術の開花とがみられた。 マウリヤ帝国の滅亡からグプタ朝の成立に至る約500年間は,政治的にみれば異民族の侵入が続き諸王国が乱立する不安定な時代であった。…

※「クシャーナ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android