カナル線(読み)カナルせん(英語表記)canal ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナル線
カナルせん
canal ray

陽極線の1種。真空放電管の陰極に小孔 (カナル) をあけて放電させるとき,小孔を抜けて出てくる粒子線をいう。 1886年 E.ゴルトシュタインにより発見された。その後 W.ウィーンが電場,磁場での曲り方を研究して,管内の陽イオンが加速されて飛出したものであることがわかった。カナル線のスペクトルからシュタルク効果が発見された。 J.J.トムソンは,陰極線の場合と同様な方法でカナル線を調べて,ネオン (原子量 20.2) に質量数が 20と 22の2種類の同位体があることを初めて発見した。カナル線は陽イオン源として質量分析器や粒子加速器などにも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカナル線の言及

【ゴルトシュタイン】より

…ドイツの物理学者プリュッカーJulius Plücker(1801‐68)が発見した陰極から発する放射線に対して陰極線の名を与え,数多くの実験を通してこの線に関するW.クルックスの説を批判した。さらに86年には,穴をあけた陰極を使用することによって,陰極線とは反対方向に穴をつき抜ける放射線があることを見いだし,陽極線の一種であるこの線にカナル線canal raysの名を与えた。【河村 豊】。…

【陽極線】より

…真空放電を起こしたとき陽極から出るビームとして発見されたのでこの名がある。真空放電管の陰極に小さな孔(canal)をあけて放電させたとき,その小孔を通って出てくるカナル線canal raysも陽極線に含める。カナル線は1886年E.ゴルトシュタインによって発見されたもので,その後管内の気体が電子線の衝突によって陽イオンとなり,それが陰極付近で加速されたビームであることが判明した。…

※「カナル線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android