コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナン語 カナンごCanaanite languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナン語
カナンご
Canaanite languages

シリア,パレスチナ地方に話された,互いに近い関係にある古代語の総称。 (1) アマルナ文書で知られる古代カナン語 (前 15世紀) 。 (2) メシャ碑文で知られるモアブ語 (前8世紀) 。 (3) 旧約聖書ヘブライ語 (前 10~6世紀) 。 (4) 前 13~1世紀の碑文で知られるフェニキア語。これらのカナン語は,セム語族に属し,アラム語ウガリト語とともに北西セム語群を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カナン語【カナンご】

シリア,パレスティナ地方で用いられた言語群の総称で,アラム語とともに北西セム語派を構成する。Canaanite。古カナン語はアマルナ文書中にみられる。下位言語としてヘブライ語フェニキア語,モアブ語(前9世紀から)等がある。ウガリト語がカナン語か否かは未決定。現代語としてはイスラエルの公用語イブリト(現代ヘブライ語)がある。→セム語族

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android