コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニャル州 カニャルCañar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニャル〔州〕
カニャル
Cañar

エクアドル中南部の州。州都アソゲス。アンデス山脈中にあり,南部にはクエンカ盆地の一部を含み,北西部は太平洋のグアヤキル湾沿岸の低地に向って低くなる。インカ帝国時代には帝国北部の中心地として栄えた地域で,州南東部にはインガピルカ要塞の遺跡がある。山地高所の斜面ではヒツジの放牧が行われ,クエンカ盆地にある州都周辺ではトウモロコシ,コムギ,オオムギ,ジャガイモ,果樹などの栽培が盛ん。北西部のナランハル川河谷にはサトウキビ,コーヒーのプランテーションがある。州都の北西,ビブリアンには同国最大と推定される炭田があるが,大部分未開発。パンアメリカン・ハイウェー,キトとクエンカを結ぶ鉄道が州の中央部を南北に通る。面積 3908km2。人口 18万 9347 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カニャル州の関連キーワードエクアドルの古代文化

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android