コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヌレ 〈フランス〉cannelé

デジタル大辞泉の解説

カヌレ(〈フランス〉cannelé)

《縦溝をつけた、の意》フランス、ボルドー地方の伝統的な焼き菓子。形は小形の王冠形、外側は焦げ茶色で堅いが、中は黄色でしっとりしている。カヌレドボルドー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

カヌレ【cannelé(フランス)】

フランス・ボルドー地方の伝統的な焼き菓子。小麦粉・牛乳・バター・砂糖・卵・香料・ラム酒などで作った生地を蜜蝋を塗ったカヌレ型に入れて焼いたもの。小さな王冠のような形で外側は焦げ茶色に焼き上がる。◇ボルドー地方の修道院で創案されたものとされる。「カヌレ・ド・ボルドー」ともいう。「カヌレ」は「溝のついた」という意。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

カヌレの関連キーワードカヌレイウスプレプス

カヌレの関連情報