コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノバス・デル・カスティリョ Antonio Cánovas del Castillo

1件 の用語解説(カノバス・デル・カスティリョの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カノバス・デル・カスティリョ【Antonio Cánovas del Castillo】

1828‐97
スペインの政治家,歴史家。保守穏健派に属し,1854年以降スペイン政治の中心人物。閣僚を歴任し,アルフォンソ12世の守役にも任じられた。王政復古(1874)後,首相となり,イギリス型の二大政党制の移植を意図した1876年憲法を制定したが,当時興隆してきた労働運動には理解が及ばず,97年,アナキストによって暗殺された。スペイン・ハプスブルク王朝の歴史研究の専門家であった。【鈴木 昭一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカノバス・デル・カスティリョの言及

【スペイン】より


[公式のスペインと現実のスペイン]
 王政復古を意図した保守派の政治家が支援を受けて,まず1874年1月2日に,パビア将軍(1827‐95)がマドリードで蜂起し,同年12月,サグントでマルティネス・カンポスArsenio Martínez Campos将軍(1831‐1900)のクーデタが勃発したため,第一共和国は直ちに倒れ,その結果,アルフォンソ12世(在位1874‐85)が新国王となり,王政が復活した。そして,74年以降の王政復古期の舵は保守派の領袖カノバス・デル・カスティリョの掌中に握られた。カノバスの政治理念は1876年憲法に具現されているように,イギリス型の二大政党制に基づく立憲君主制の確立であった。…

※「カノバス・デル・カスティリョ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カノバス・デル・カスティリョの関連キーワードツンベリースティロライトアディノールワイマールシュレーゲル(兄弟)ズールー王国リバランス政策投票時間繰り上げ狩野芳崖高橋由一(ゆいち)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone