コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノバス・デル・カスティリョ(英語表記)Antonio Cánovas del Castillo

世界大百科事典 第2版の解説

カノバス・デル・カスティリョ【Antonio Cánovas del Castillo】

1828‐97
スペインの政治家,歴史家。保守穏健派に属し,1854年以降スペイン政治の中心人物。閣僚を歴任し,アルフォンソ12世の守役にも任じられた。王政復古(1874)後,首相となり,イギリス型の二大政党制の移植を意図した1876年憲法を制定したが,当時興隆してきた労働運動には理解が及ばず,97年,アナキストによって暗殺された。スペイン・ハプスブルク王朝の歴史研究の専門家であった。【鈴木 昭一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカノバス・デル・カスティリョの言及

【スペイン】より


[公式のスペインと現実のスペイン]
 王政復古を意図した保守派の政治家が支援を受けて,まず1874年1月2日に,パビア将軍(1827‐95)がマドリードで蜂起し,同年12月,サグントでマルティネス・カンポスArsenio Martínez Campos将軍(1831‐1900)のクーデタが勃発したため,第一共和国は直ちに倒れ,その結果,アルフォンソ12世(在位1874‐85)が新国王となり,王政が復活した。そして,74年以降の王政復古期の舵は保守派の領袖カノバス・デル・カスティリョの掌中に握られた。カノバスの政治理念は1876年憲法に具現されているように,イギリス型の二大政党制に基づく立憲君主制の確立であった。…

※「カノバス・デル・カスティリョ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android