カビンダ州(読み)カビンダ(英語表記)Cabinda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カビンダ〔州〕
カビンダ
Cabinda

アンゴラ北西部,大西洋に臨む同国の飛び地で,一州を形成している。19世紀末の植民地分割の複雑な事情から,コンゴ川とコンゴ民主共和国の一部によって,本土から 40kmほど切り離されている。州都カビンダ。1967年にアメリカ合衆国のガルフ・オイルがその利権鉱区の沿岸沖で油田を発見し,重要な地域になった。景勝地であるが,交通不便のため未開発。住民はバンツー語系でカビンダと呼ばれ,アンゴラ独立後もカビンダ解放戦線を名のり,分離独立運動を続けた。ゴム,果物,象牙などを産し,石油,木材,パーム油,カカオ,コーヒーなどを輸出。面積 7270km2。人口 26万 (2005推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android