コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピトリーニ美術館 カピトリーニびじゅつかんMusei Capitolini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピトリーニ美術館
カピトリーニびじゅつかん
Musei Capitolini

イタリア,ローマカピトリーノの丘に建つコンセルバトーリ宮内にある市立美術館の総称。カンピドリオ広場を挟んで向かい合うパラッツォ・コンセルバトーリ(コンセルバトーリ美術館)とパラッツォ・ヌオーボ(カピトリーノ美術館)を中心に,計五つの美術館からなる。公的なコレクションとしてはイタリア最古のものとされ,その歴史は 15世紀にさかのぼり,代々の教皇のコレクションを母体とする。1734年に教皇クレメンス12世によって,まずカピトリーノ美術館の一般公開が開始された。所蔵品は古代美術が中心で,有名な『カピトリーノのビーナス』『瀕死のガラテア人』をはじめ,『とげを抜く少年』(スピナリオ),『カピトリーノの雌狼』などがある。なお,美術館前の広場と両パラッツォのファサードはミケランジェロの設計になり,広場の中央には古代ローマの『マルクス・アウレリウス騎馬像』が立っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カピトリーニ美術館の関連キーワードガラテア人とその妻カンピドリオの丘グェルチーノコルトナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android