カフラー(英語表記)Khafra; Khafre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カフラー」の解説

カフラー
Khafra; Khafre

古代エジプト第4王朝 (前 2613頃~2494頃) 4代目の王。大ピラミッド建設時代の王。クフの子で,兄とされるデデフレの短い治世の跡を継いで即位。クフ,カフラー,メンカウラーの諸王は,ギザに三つのピラミッドを建造したが,そのうち第2のピラミッドは彼によるもので,高さ 136.5mのピラミッド本体のほか,葬祭殿,参道流域神殿など付属の施設が比較的よく現存する。有名な大スフィンクスの顔は彼の顔を模したものであろうとされている。彼の名は,古代ギリシアの歴史家ヘロドトスによればケフレン,古代エジプトの歴史家マネトーによればスーフィスとされる。カイロエジプト国立博物館にある王の倚坐像は気品威厳満ちエジプト彫刻の代表作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカフラーの言及

【エジプト】より

…このため古王国時代は〈ピラミッド時代〉とも呼ばれる。第3王朝のジェセル王がサッカラに造営した〈階段ピラミッド〉を最初とし,第4王朝の祖スネフルSnefru王のメイドゥーム,ダハシュールのピラミッドを経て,ギーザの三大ピラミッド(クフKhufu,カフラーKhafra,メンカウラーMenkaura3王のピラミッド)で頂点に達する。とくにクフ王の〈大ピラミッド〉の周囲に整然と配置された王妃の小ピラミッド,王族・高官のマスタバ墳は,高度に中央集権化された国家の身分秩序を忠実に反映している。…

※「カフラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android