コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプグラ Jean Marie Joseph Capgras

世界大百科事典 第2版の解説

カプグラ【Jean Marie Joseph Capgras】

1873‐1950
フランスの精神医学者。いわゆるサンタンヌ学派に属し,1910年前後から30年代にかけて精神医学の臨床的研究に活躍した。彼がとくにその名を残したのは,慢性系統妄想病における〈うり二つの錯覚〉ないし〈二重身の錯覚〉(1923)によってである。今日カプグラ症状群ともよばれているこの精神症状は,〈身近な既知の人物を似ているが別人である,偽者である〉とする一種の人物誤認で,まれではあるが精神分裂病圏の精神病において,それも女子に多くみられるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カプグラの関連キーワードJ. カプグラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カプグラの関連情報