精神医学(読み)せいしんいがく(英語表記)psychiatry

翻訳|psychiatry

最新 心理学事典「精神医学」の解説

せいしんいがく
精神医学
psychiatry

精神医学とは,こころの問題や精神疾患の予防・診断・治療にかかわる医学の一分野である。1808年ドイツの医学者ライルReil,J.C.が初めてPsychiatrieという用語を用いた。当初は,精神疾患のみならず身体疾患も含めたあらゆる病気に対する「精神的な働きかけによる治療法」を意味していた。その後,1800年代前半より精神疾患の定義や治療が各国で行なわれると同時に精神疾患の科学的検証が行なわれ,1800年代終わりに,精神医学の概念が確立された。

【精神医学の分類】 精神医学の中には生物-心理-社会bio-psycho-socialという三つの側面から分類すると,さまざまな学問が関係している。まず,精神を脳機能から考えて検証を行なう分野は「biological psychiatry」すなわち生物学的精神医学とよばれる。これらの中には精神生理学,神経化学,分子生物学,分子遺伝学,認知心理学,精神薬理学,神経心理学などが含まれる。次に,人のこころの動きを哲学や心理学などを通して理解しようとする「psycho」な学問には精神病理学もしくは記述精神医学,精神分析学もしくは力動精神医学,精神療法学などが含まれる。最後に,「social」な学問には,社会精神医学,司法精神医学,比較文化精神医学などが含まれる。このような3分類の他に,児童を対象とした児童精神医学,老年期を対象とした老年精神医学,身体科医療の中における精神医学的問題を治療していくリエゾン精神医学,精神的健康の保持と向上を目的とする精神保健学など,さまざまなカテゴリーに「精神」に関連する学問があり,それぞれの学問が,健常者のこころの成熟の促進,精神疾患の予防・早期支援,精神疾患の治療を目標として,密接に関連をもって進んでいる。

精神科診断学】 精神疾患は従来は外因性,内因性,心因性の三つに分類されていた。脳になんらかの影響を及ぼすことによって生じる脳器質性精神病や症状精神病や中毒性精神病などは外因性に分類された。また性格や外的環境のストレスなどから生じる神経症や適応障害などを心因性と分類していた。そして外因性でも心因性でもなく,明確な原因が想定できない疾患である統合失調症や躁うつ病などが内因性と分類されていた。このような大まかな分類に基づく従来診断は現在でも使われることが多く,一人の患者の一生を通して精神疾患の特徴を意味づけるときには有用であるとされる。また長期的な観点から見た治療を行なう際にも重視される概念である。しかし,実際の診断にあたっての信頼性や妥当性がどうしても低くなることが見られており,従来診断のみでは正確にあらゆる精神科医があらゆる患者を同様に評価できないことがわかってきた。そのために,たとえば「以下の五つの症状のうち三つ以上を満たせば診断がつく」というような操作的診断基準が設定されるようになった。現在,アメリカ精神医学会(APA)が定めた『精神障害の診断と統計の手引き(DSM)』と世界保健機関(WHO)が定めた『国際疾病分類(ICD)』との二つの操作的診断基準が使用されている。それぞれ,数年おきに改訂がなされており,DSMは2000年発表の第4版の修正版(DSM-IV-TR)が,2013年にDSM-Vとして改訂された。ICDは1990年に発表され,2007年にはその第10版(ICD-10)のさらなる改訂が行なわれている。ICDとDSMの精神疾患の分類はところどころ異なるところもあるが,改訂を重ねるにつれて,その差異は少なくなってきている。両者ともに臨床場面で使用可能であるが,さらにDSMは研究用に用いられ,ICDは精神保健分野の公式統計に用いられている。また,これらの操作的診断基準に基づいて,精神科医以外でもマニュアルどおりに質問をして回答をまとめていけば最終的な診断が可能となる構造化面接も設定されている。この構造化面接は主として研究用に行なわれることが多い。では実際の臨床の場面ではどのように診断が行なわれるかというと,あくまで操作的診断基準によって得られた診断名は患者の一側面をとらえただけにすぎない。重症度や一生を通しての症状の変化,社会的背景,治療の方向性などさまざまな要因を組み入れて,最終的に治療方針の立案に役立つのが臨床診断となる。実際の臨床場面では個々の患者の特徴を診断名も含めて,包括的に評価していくことが精神科医としての仕事となる。

【精神科治療学】 精神疾患の治療方法としては,昔からさまざまな方法が用いられてきており,持続睡眠療法や発熱療法やインシュリンショック療法など,試行錯誤して行なわれていた歴史的な治療法もあったが,現在はこれらが行なわれることはない。現在でも引き続き行なわれている治療法の一つに電気けいれん療法がある。これは,けいれんを誘発することによって精神症状が軽快するという経験から行なわれた治療である。現在では,麻酔科医の協力も得て,全身麻酔下で筋弛緩薬を用いてけいれんの発生を抑えた状況で,頭部へ通電を行ない,発作波を脳に生じさせる修正型電気けいれん療法が行なわれている。治療効果が非常に高く,安全であるため,感情障害などに対して使用されている。1950年代より精神疾患に対する薬物の使用が開始され,その後,薬物療法が劇的に発展した。現在では薬物療法は精神科臨床において不可欠であり,さまざまな症状に対してさまざまな種類の薬が用いられている。症状を改善するだけでなく,症状の再発予防も可能な側面があり,医師にとって薬物療法の習熟が不可欠となる。薬物療法と併用することによって,さらなる治療効果を上げることができるとされているのが心理療法である。心理教育,支持的精神療法,認知行動療法,社会生活技能訓練,自律訓練法,家族療法などさまざまな手法があるが,疾患に応じてこれらを組み合わせて行なうことが多い。精神分析療法なども含まれるが,実際に治療として行なう場合には治療者の訓練や対象疾患の選別が欠かせず,治療方法としては頻繁に用いられない。むしろ,精神分析学的な概念を知ることは患者の病態の理解において助けとなることはある。 →自律訓練法 →心理療法 →精神分析 →精神分析療法 →統合失調症 →認知行動療法
〔荒木 剛〕

出典 最新 心理学事典最新 心理学事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「精神医学」の解説

精神医学
せいしんいがく
psychiatry

おもに精神障害の成因、病態、治療などについての研究と実践を目的とする臨床医学の一分野。脳機能と密接な関連をもつ正常または異常な精神現象を扱うためには、当然に自然科学的方法論と精神科学的方法論とを駆使する必要があり、この点では特異な医学領域となっている。自然科学的方法としては、脳の病理解剖学的、生化学的、生理学的探究に加えて内分泌学的研究も行われ、目覚ましい発展を続けつつある分子生物学やME(医用工学)の研究の成果の導入も試みられている。一方、精神科学的方法としては、精神障害者も人間関係のなかに組み込まれた全一体としての人間そのものであるという立場から、精神病理学、精神分析学、臨床心理学、社会学、文化人類学などによる多様な精神科学的アプローチがなされており、さらには実存哲学を背景として実相に迫ろうとするものもある。自然科学的方法は脳の器質的変化を伴う精神病などの解明に大いに役だち、精神科学的方法は発症や症状形成に対する社会的ならびに文化的要因の影響、人間関係の病態の解明に役だち、とくに神経症の成因とその治療については多くの貢献をしている。しかし、自然科学的、精神科学的のいずれの方法によっても、内因性精神病とよばれる統合失調症とそううつ病の二大精神病の成因については、その扉を開くことはできず、大きい課題を残したままであるのが現状である。

 日本の精神医学は医学全般と同様にドイツを範とし、E・クレペリンにより体系づけられたPsychiatrie(ドイツ語)を導入して精神病を主対象とするものとし精神病学と訳したが、1936年(昭和11)精神医学と改訳した。対象は精神病、つまり精神障害にのみとどまらず、健全な精神の保持などにも寄与すべきものという主張が込められたものと思われる。第二次世界大戦後の精神分析学の成果を吸収したアメリカ精神医学の影響を受けて学際的な人間科学的な色調を濃くしているのは、その延長線上にあるものであろう。しかし、ふたたび生物学的精神医学の台頭が世界的にみられるのは留意すべき傾向であるといえよう。

[懸田克躬]

精神科

精神医学を基盤の臨床医学とした診療科の一つである。日本の精神医学は前述のように、精神障害に対する研究と診療に並んで神経疾患の研究と診療をも一つの講座が担当するドイツ医学のもとに歩んできたので、その診療科としての精神科も精神障害とともに主として中枢神経疾患をも取り扱ってきた。しかし、第二次世界大戦以降は、精神医学と神経病学とを画然と区別するアメリカやイギリスの医学界の主潮の圧倒的な影響のもとに、日本の精神医学、したがって精神科も精神障害をおもな対象とするようになった。しかしながら精神と脳との関係からみて、精神科の対象から中枢神経疾患をまったく除外することはできない。精神科が精神神経科または神経科とよばれるのは、このような現実と歴史的な過程とによるとともに、精神病に対する偏見から精神科の受診をためらいがちな世人に対する配慮によるものと思われる。この偏見も、治療学の進歩によって精神病すなわち不治という考えが打破されるとともに薄らぎつつある。

 精神科治療の主流をなすものは薬物療法、精神療法、あるいは両者の併用のほか、必要時には電撃療法などで、かつて行われたような脳に外科的侵襲(手術によって生体が受ける種々のストレス。痛み、不安、炎症、出血などである。英語ではsurgical stress)を加えて症状の改善を期待する精神外科は、きわめて限定されたものとなっている。

[懸田克躬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「精神医学」の解説

精神医学
せいしんいがく
psychiatry

この用語は 19世紀初頭から使われており,本来の意味は「精神的方法による治療の促進に寄与すること」である。しかし,19世紀末から 20世紀初頭にかけて精神障害の疾病論が確立されるにつれて,精神障害を対象とする医学の一分野と考えられるようになった。他方,ほぼ同時代に精神分析も始められ,精神分析を中心とする治療の理念技法も大きく進歩した。これら2つの流れは,精神医学という概念をめぐって今日なお対立あるいは交錯している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「精神医学」の解説

精神医学【せいしんいがく】

医学の一部門。精神の異常を対象とし,その原因,経過,症状,治療法などを研究する。最近では内科学,小児科学,脳外科学,精神科学,心理学,犯罪学,教育学などの近接領域との協力により,その活動分野は広い。
→関連項目行動科学心理学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「精神医学」の解説

せいしんいがく【精神医学】

精神医学とは,読んで字のごとく,精神の医学,つまり精神の異常ないし病的状態(精神病)に対する認識と治療をめざす医学の一分野である。このことは,精神医学にあたるドイツ語のPsychiatrie,英語のpsychiatryなどが,ギリシア語のpsychē(精神)+iatreuō(癒(い)やす)に由来するという事情に照らしても明らかなようにみえる。しかし,元来はそうでなく,ドイツの医学者ライルJ.C.Reilがその著書《精神的治療法の促進に対する寄与》(1808)ではじめてPsychiatrieという語を使った当時は,〈精神を癒やす〉のではなく〈精神で癒やす〉という意味だったことが確かで,つまり,精神の病気だけでなくすべての身体疾患にも適用しなければならない精神治療術ともいうべきものがPsychiatrieだったのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android