コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カペルマイスター 〈ドイツ〉Kapellmeister

デジタル大辞泉の解説

カペルマイスター(〈ドイツ〉Kapellmeister)

宮廷楽長。時に、凡庸な指揮者蔑称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カペルマイスター【Kapellmeister[ドイツ]】

合唱団および管弦楽団の楽長,指揮者。本来,宮廷・教皇庁付属の礼拝堂(カペレ)における最高聖職者をさしていたが,16世紀以後,カペレが付属楽団を意味するようになると,これを訓練・統率する楽長をさす称号となった。カペレは教会音楽に限らず,宮廷におけるあらゆる音楽を担当したが,その意味ではカペルマイスターは,プロテスタント系教会都市における音楽監督Musikdirektorに対応する。19世紀以後では都市の管弦楽団・歌劇場の指揮者をさす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カペルマイスターの関連キーワードセバスティアン ヴァイグレローター ツァグロセクダン エッティンガーヨハネス シューラージョナサン ノットキリル ペトレンコツェムリンスキー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カペルマイスターの関連情報