コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会音楽 きょうかいおんがくchurch music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教会音楽
きょうかいおんがく
church music

広義にはキリスト教と関係のある音楽全部をさす。一般にはキリスト教の礼拝に用いられる音楽,および信仰心を強化するために用いられる音楽をいう。キリスト教各派は,それぞれの教義や礼拝観などに応じて独自の教会音楽をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうかい‐おんがく〔ケウクワイ‐〕【教会音楽】

キリスト教教会で、礼拝や儀式のときに演奏する音楽。聖歌ミサ曲賛美歌などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

教会音楽【きょうかいおんがく】

キリスト教音楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかいおんがく【教会音楽】

教会で用いられるように作られ,演奏される音楽。古来さまざまな宗教宗派に付随して教会音楽が存在するが,普通はキリスト教の音楽を指す。 キリスト教の教会音楽の核心をなすものは,カトリック教会のミサと聖務日課,プロテスタント諸教派の礼拝に用いられる典礼用の音楽である。その中には,ユダヤ教会堂の音楽の流れを汲むグレゴリオ聖歌詩篇唱や,ルターの時代に由来するドイツ福音主義教会コラールのように,きわめて長い伝統に根ざすものが含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかいおんがく【教会音楽】

キリスト教教会における典礼・行事のための音楽。宗派によって性格が異なるが、賛美歌・聖歌・ミサ曲などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教会音楽
きょうかいおんがく

狭義にはキリスト教教会の礼拝に用いられる音楽を意味する。この種の音楽は礼拝様式と深くかかわっているため、歴史的にも教派によってもさまざまな種類がある。また広義に解しては、キリスト教と関係のある音楽の総称として用いられるが、多くの場合、音楽そのものに、より比重が置かれている。[磯部二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

教会音楽の関連キーワードディッタースドルフ:ピアノ・ソナタ イ長調/piano soloヴィヴァルディ (アントニオ・ヴィヴァルディ)ハイドン(フランツ・ヨーゼフ・ハイドン)M.R.カール・S. シュトラウベアレッサンドロ スカルラッティカール・グスタフ フェレラールードルフ マウアスベルガー踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よアヴェ・ヴェルム・コルプススカルラッティ ドメニコロジェ・ワーグナー合唱団ゴスペル[gospel]エルンスト ペッピングヴォーン・ウィリアムズウンブリア音楽祭カウンターテナーテレサ バーガームルシュハウザーレヒトハーラーパレストリーナ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教会音楽の関連情報