コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カボシュ一揆 カボシュいっき

1件 の用語解説(カボシュ一揆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カボシュいっき【カボシュ一揆】

百年戦争末期の1413年パリに起こった民衆蜂起。〈サンジャック屠殺場の牛の皮剝ぎ職〉カボシュCabocheことシモネ・ル・クートリエを首領とする,当時1000人を超したといわれる食肉業者組合を中核としたところからこう呼ばれる。当時,イギリスランカスター王家はフランス侵攻再開を策していた。フランスのバロア王家は北フランス三部会を開いて,軍資金を賄おうとした。ところが会議は王政改革論議に走り,これが民衆のコミューン的志向を刺激した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カボシュ一揆の関連キーワード百年戦争米西戦争イランイラク戦争シャルルドルレアン十五年戦争出来事末期バスチーユシス-トランステスト水戸空襲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone