カマリネスノルテ州(読み)カマリネスノルテ(英語表記)Camarines Norte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマリネスノルテ〔州〕
カマリネスノルテ
Camarines Norte

フィリピン,ルソン島南東部,ビコル半島北部の州。周辺の小島を含む。州都ダエト。全体に山がちで,東部海岸沿いの平野に人口が集中する。主作物はココヤシとイネで,漁業も盛ん。北岸のララプに鉄鉱山があり,そのすぐ東のパラカレにはスペイン領時代から知られた金鉱がある。西部では林業が盛んで,海岸の町には製材所が多い。面積 2113km2。人口 30万 8007 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android