コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラリスムス Kameralismus; Kameralistik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメラリスムス
Kameralismus; Kameralistik

17~18世紀のプロシアオーストリアを中心に発展したドイツの絶対主義的国家経営学,財務・行政学。ドイツ語 Kammerとは君主の収入を納める財庫の意味で,財政収入の増大と領民の福祉向上を目指すこの種の学理は,すでに 16世紀中頃以降,ルター主義の諸領邦に芽生えていた。 18世紀になると,啓蒙主義や重商主義および重農主義の影響のもとで,絶対主義の富国強兵政策に奉仕する学理として発展し,大学の講座にも取入れられて,行政官僚養成のうえに大きな役割を果した。 C.ウォルフ,J.ベッヒャー,J.ユスティ,J.ゾンネンフェルスらがその代表者。 19世紀ドイツの国民経済学,財政学国法学などにもその影響は尾を引いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメラリスムス
かめらりすむす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カメラリスムスの関連キーワードゼッケンドルフ啓蒙専制主義フィンケ官房学国状学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android